さくみの部屋の管理人

さくみの部屋の管理人です。

無店舗型性風俗特殊営業

『無店舗型性風俗特殊営業の届出』というのは、略称「風営法」と呼ばれる法律の一部として定められたものです。

「風営法」では、キャバクラ、ホストグラブ、カップル喫茶、ゲーセンなどは「風俗営業」として所在地の公安委員会からの営業許可を必要とします。

一方、ソープランド、ファッションヘルス、ラブホテル、アダルトショップ、テレクラ、スケベ動画配信、そして「女性用性感マッサージ(もちろん男性用もね)」は「性風俗関連特殊営業」という括りで定義されていますが、こちらは「営業許可」ではなく公安委員会への「届出」だけでOKです。

なぜ、「性風俗関連特殊営業」が一見して「許可」より甘そうな「届出」かというと、エッチな活動を国が「許可」するのはまずいからということだそうです。ですし、許可してないわけだから、いつでも介入することもできますしね。ちなみに、「無店舗型性風俗特殊営業」とは、「性風俗関連特殊営業」の中の1つの形態で、お店をもっていない営業形態です。

『無店舗型性風俗特殊営業の届出』をしているお店は、住民票を警察に提出したりとか、それなりに覚悟をもってお仕事をしているので、安心かもしれませんが、あくまで「国が許可」している訳ではありませんので、そこは誤解のないように。実際、何かトラブルが起こったときには、警察が実体を掴むのには時間はかからない、という利点はありそうです。

「風営法」というのは、あくまでも「業」をする者に対しての法律なので、「無料でやってます〜」ってお店(お店とも呼べないかもしれませんが)から、警察が『無店舗型性風俗特殊営業の届出』を受理するのかどうか、さくみには分かりません。受理された方がいらっしゃったら教えてください。さくみの部屋でご紹介させていただいている、女性セラピストによる女性専用性感『月の光』さんは、スタートにあたり所轄警察署へ「無店舗型性風俗特殊営業届」をしようとされたのですが、「同性のお客の場合は、法律の適応外」ということで、警察は受理しなかったそうです(届出の必要がないわけです)。

日本の法律では、夫婦、恋人、愛人以外の相手(=不特定の相手)と「お金のからむ性交」をすることは禁止されています(性交とはオマンコにチンポを挿入すること。アナルセックスやフェラなどは性交ではありません)。ただし、法を犯して性交しても、罰則がないといった面白い法律です。いわゆる「ざる法」です。でも法律は法律ですので、法律で禁止されている性交を業とする無店舗型性風俗特殊営業は、そもそも存在しません。

売春が問題となるのは、売春を管理しようとした場合で、こちらは厳しい罰則規定があります。売春をするための勧誘行為や売春をさせるための周旋行為は、処罰の対象となります。なので、さくみの部屋で「有料」のお店が、「性交します」なんて書いていると、性交楽しんでいる本人達は逮捕されないで、さくみだけが逮捕されるかもしれないので、そのような書き込みはやめてください。

 

 

 

 

 

 

 

0
してほしいことをして貰えるといいです。
こんなマッサージ師さんは消えて欲しいです(5)
 

コメント 1

美咲 投稿日: 火, 05 July 2016 20:42

性を法律で縛ることばかり考えて、性欲をないがしろにしているようにも思えます。
この法律の観点が非常に矛盾していて、なんとかならないか?とは思っています。かなり難しいことですが…。

性を法律で縛ることばかり考えて、性欲をないがしろにしているようにも思えます。 この法律の観点が非常に矛盾していて、なんとかならないか?とは思っています。かなり難しいことですが…。
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2019年03月19日(火)

Captcha画像